COMMERCIAL SPACE CREATION 商空間クリエイション職コース
商空間プランナー

井上 友香理

YUKARI INOUE
2012年入社

INTERVIEW

“空間に関わるお悩み“を”デザイン“で解決する

クライアントの「商品・サービス」と、ターゲットとなる「生活者」を結びつける、“リアルな接点”を作るのが仕事です。商業施設や小売店舗はもちろん、メーカーショールームや工場見学施設なども守備範囲です。業務としては、調査分析・企画開発・設計施工・・・と幅広いのですが、要は、クライアントが抱える”空間”に関わるお悩みを、”デザイン”で解決しています。

クライアントの想いを「空間」に込める

やはり、クライアントが喜んでくださる時が、最も嬉しい瞬間です。つい最近では、ショッピングセンター業界最大の展示会「SCビジネスフェア」の仕事がそうでした。東急グループとして6社合同で出展しており、展示ブースの設計施工を当社が担当。今年は「TOKYU×NAKED 渋谷開発プロジェクションマッピング模型」を目玉コンテンツに据えながら、「渋谷開発へのカウントダウンパーティ」をテーマにブース全体を華やかにデザイン。半年間をかけて、6社それぞれの想いを、1つのブースに凝縮しました。その甲斐あって、展示会では、ブースデザイン金賞を受賞!クライアントも大喜びしてくださり、嬉しいお仕事でした。

店舗オープン、その日からが本当の勝負

多角的・長期的な視点が求められるのが、大変な(だけど面白くもある)ポイントです。例えば、今まさに動いている某コスメショップのお仕事。舞台は新宿の某ショッピングセンター。メイク好きな女性たちに、新しいコスメとの楽しい出会いをつくるお店を開発中です。お店の世界観を創りこむのはもちろん、什器ひとつひとつも、お客様の動線はスムーズか?接客しやすいか?商品ディスプレイは?メンテナンスは?と、様々考えながら作っています。さらに、店舗は、作って終わり!ではなく、完成したその日からが勝負。日々どのような仕掛けをするのか?それをどう運営するのか?クライアントと議論を重ねながら、OPENに向けて大詰めを迎えています。

この職種に向いている人は――

空間に留まらず、人の行動・心理もデザインしてみたい人。広告会社で空間デザインを手掛ける楽しさがあります!

WORKS

SCHEDULE

1日のスケジュール
  • 09:30朝一番は、コーヒーでスイッチON。
    6階コーヒーは、豆から挽く本格派です。(有志会員制)
  • 10:00自席で企画書作成。
    机は付箋や商品だらけです…(見苦しくてすみません)
  • 12:30ランチの時間。 野菜デリのお弁当屋さんがお気に入りで毎週のように先輩と買出し散歩に出かけます。
  • 14:30横浜でクライアントと打ち合わせ。
    来春OPEN予定のショップに入れる什器の打ち合わせです。
  • 17:00二子玉川で調査報告会。
    今後の戦略について議論を深めます。帰る前に、施設内を一巡りして、最新状況をチェック。
平均的な時間の使い方
  • 企画書作成 / 35%
  • 制作進行 / 35%
  • 打ち合わせ / 30%

WEEKEND

昨年、華道を再開しました。
学生時代に師範を取ったのですが、ブランクを取り戻すべく基礎から修業中!

SCHOOL DAYS

どのような学生時代を過ごしていましたか?

建築学科で、ほぼ365日建築漬けでした。
学生有志で、インスタレーションをしたり、展覧会を開いたり。協賛金を求めて業界重鎮のOBたちを訪問しまくるという、今考えると冷や汗ものの突撃もしてました・・・。(数百万円集めて無事展覧会は開催しました)

MESSAGE

ぜひOBOG訪問をたくさんしてください!
当社に限らず、いろいろな業界・会社で活躍する先輩方と、真剣トークができる絶好の機会です。
仕事選びだけでなく、そのあとにも活きる刺激がきっとたくさんあります!
pagetop