PLANNING プランニング職コース
マーケティング

上條 梨江

RIE KAMIJO
2013年入社

INTERVIEW

成功物語をつくる仕事

マーケティングのお仕事は、『担当している商品の売上が上がるためのストーリー』を考えることだと思っています。市場分析、調査、世の中のトレンド情報の収集をベースに、クライアントにとっても、流通にとっても、生活者にとっても嬉しいコミュニケーションとその実行シナリオを、日々考え続けています。

新商品発売時のコミュニケーション

新商品の美容目薬をローンチから担当しています。新カテゴリーかつ、美容高感度層向けのニッチな商品であったため、弊社としてもクライアントとしても新しい挑戦となる「雑誌1社の力をフル活用した統合型コミュニケーション」を提案。結果、発売後3ヵ月で女性用目薬市場で20年以上1位の商品を抜くことができました。SNSでも毎日良い反響を目にしました。その後も継続して担当させて頂いておりますが、最近ではクライアントから私に直接ご相談いただけるようにもなり、この商品にきちんと貢献できているということをますます実感し、やりがいを感じています。

“正しい”戦略の難しさ

マーケティング局にいる限り、クライアントと生活者がどちらもWin-Winとなる戦略をあらゆる面から考察し、正しい(=これをしたら確実に売れる)と思う戦略になるまで考え抜いて提案しています。しかしながら、クライアント内部には事情があり、立場の違いによる意見の対立、生産状況、経営戦略方針の転換など、様々な変数によって戦略を大きく変換せざるを得ない時が多々あります。そんな時こそ営業をはじめとしたチームとの連携をより一層強化し、クライアントニーズを細やかにくみ取った提案になるように気をつけています。チームだからこそ成し遂げられる仕事だと日々感じています。

この職種に向いている人は――

臆病かつ、負けん気がある人。いくつになっても、子どものような好奇心を持ちつづけられる人。

WORKS

SCHEDULE

1日のスケジュール
  • 08:00いつもはゆっくりだけれど、きょうは先輩が手がけた「いつかスカイツリーで朝食を」で出勤前に朝ごはん。
  • 11:00会社の外を眺めながら、企画書の構成をひたすら紙に書いて考えます。
  • 15:00出版社にて、次回の美容誌タイアップ企画について打ち合わせ。夢のような企画です!
  • 18:00考えたメモを基に、先輩と打ち合わせ。いつも厳しくも優しい指導に感謝です。
  • 23:00仕事終わりに仲良しの先輩たちとカラオケへ~☆酒と歌のもとでは年齢関係なくはしゃぎます~
平均的な時間の使い方
  • クライアント訪問 / 15%
  • 打ち合わせ / 30%
  • 資料作成 / 40%
  • その他作業 / 10%

WEEKEND

夏休みは親友に会いに、ドバイへ。行く10日前に思い立った弾丸旅でしたが、そんな社会人も楽しいです。

SCHOOL DAYS

どのような学生時代を過ごしていましたか?

「デザイン思考」の研究をしにアメリカへ留学。帰国後もゼミでその研究を。数字やデータだけではなく、人間の何気ない行動を洞察する力が今でも役立っている気がします。

MESSAGE

「自分に嘘をつかない」
就職活動は運もあり、実力だけでは決まりません。だけど何かのせいにしても始まらないんです。どんな状況でも自分の意思を貫き、周りに流されず、道を決めれば、後悔なき就職活動になるはずです。
pagetop